カップル

彼氏と喧嘩しない6つの秘訣!もう喧嘩したくないカップルが仲良くする方法

更新日:

ラブラブな恋人

 

彼氏と喧嘩しない秘訣を紹介します。いくら気を付けていても少しのズレやアクシデントから喧嘩になってしまいます。また、出来るだけ喧嘩をしたくないと思っていても、結局は相手次第だったり中には言い合うことでさらに仲良くなれることもあります。

しかし、無駄に相手と言い合ったり、勘違いでもめることは、未然に防止したいものです。実際に長く付き合っているカップルの喧嘩しない秘訣や防止する方法をまとめました。「彼氏と喧嘩したくない」「ラブラブな恋人同士でいたい」という場合は参考にして気を付けるようにしましょう。

 

1.相手の意見や行動を否定しない

喧嘩しないためには相手の意見を初めから否定したり、「どうしてそんなこと言うの!!」と攻めてしまうのは良くありません。

相手がその行動をしているのには何か理由があるのはずです。あなた以外の周りの影響で仕方なくそうしていたり、彼なりの考えであなたの事を思いあなたが嫌と思うことでも行動したのかもしれません。

「どうして、その行動をしたのか?」ということを相手を否定する前に聞いてみましょう。そして、理由も気に入らないのなら「そうされると辛い」「私はそれが嫌」と正直に伝えましょう。相手の思惑も知らないまま怒ったり指摘してしまうと「何もわかっていない」「俺の気持ちも知らずに!!」となってしまいます。

 

2.溜め込まない

喧嘩したくないという考えから、少し嫌なことがあってもため込んでしまう人は多いです。しかし、小さなことを溜め込んでしまうと、いつか許容範囲を超えます。その時、言い合う内容でもないレベルなのに相手を攻めてしまったり、一時的にかっとなってしまいます。

溜め込んていることを雰囲気や反応から相手がわかっていることも多く、相手もストレスが溜めっていることもあります。女性としては気づいてほしい所ですが、「大丈夫」と言われてしまうと気づいていても今更変えられないということもあります。

相手に伝えるときはハッキリと「嫌」「気に入らない」と言いましょう。またハッキリと言いにくい時は他の案の方が私は良いと思うという風に表現すると言いやすくなります。一度、溜め込んでしまうと今後他の事や似た様なの事でも言いにくくなってしまいますし、相手は「決めてほしいんだ」「自分が決めていいんだ」と思い意見を確認しないようになります。

また、相手も溜め込んでいる場合があります。あなたが「実は、○○なんだ」と打ち明けることで相手も溜め込んでいたことを言ってくれることもあるので、1つのことを言うだけでも他のことも解決したり、本当はお互い嫌だったということもありえます。

 

3.出来るだけ束縛を減らす

束縛が喧嘩の種になることは多いです。「女性がいるところに行ってはダメ」「仕事会わったら必ずLINEして!」など相手に強制することでストレスが溜まりますし、何かイレギュラーなことがあり約束を破ってしまうことになると相手は相手で「しょうがなく出来なかったのに・・・」あなたは「しないでって言ったじゃん!」となってしまうこともあります。

喧嘩が少ないカップルは束縛をお互いにしていないことが多いです。また、人は「ダメ」と言われるとしてしまうものです。出来るだけ束縛はしないに越したことはありません。

心配な場合は、相手の価値観を確認するようにしましょう。LINEするペースを相手がどう思っているのか?どこまでが浮気だと思っているのか?ということを束縛するのではなく相手がどう思っているか知っておくと、相手の考えがわかりますし、もし何かあった時でも「○○がいいって言ったじゃん」と言うこともできます。

 

4.一人の時間、他の人との時間をお互いに作る

いくら好き同士が結婚しても、同じ相手とずっと一緒にいるとストレスが溜まります。うまくいっているカップルであるほど、一人の時間や他の人と会うを作っています。

出来るだけ会いたいという気持ちはわかりますが、一人の趣味やリラックスする時間、仕事の付き合いや友達との付き合いもしっかりとすることで相手もストレス発散できたり、友達や職場の人の関係も良くなりストレス型ならないようになります。そうなると、ちょっとのことであなたに対してイラッとすることもなくなくなったり、あなたの意見を許容できるようになって喧嘩も減ります。

また、あなたも他の人と会うことで、1日中マイナスに考えることもなくなってきます。

 

5.「ありがとう」をしっかりと伝える

長くラブラブな夫婦は「ありがとう」という感謝の気持ちをこまめに伝えています。内心ではありがとうと思っていても口に出さないと相手には伝わりません。当たり前のことでも感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

喧嘩の内容で「○○してあげたのに!」「ちゃんと○○してるじゃん!」というものが多いですが、ありがとうと伝えておくことでその様な喧嘩も減ります。

そして、相手がありがとうということを強要するのはあまりよくありません。相手にもありがとうと言ってほしいのであればあなたが日ごろから「ありがとう」と伝えることで相手も変わってくるのもです。

「迎えに来てくれた」「持ってきてくれた」など小さなことからありがとうを伝えることで、相手もホッコリし、あなたへの愛情や感謝の気持ちが今までより芽生えてくるものです。

 

6.喧嘩した時はお互いに納得するまで話し合う

喧嘩した時は、お互いに何か嫌なこと気にいたないことがあるから、言い合いになったり認められないわけです。お互いがしっかりと納得するまで話し合っておかないといつかぶり返すことになります。

また、「少しでも早く喧嘩を終わらせたい!」と思う人も多いと思いますが、それでは何かに妥協してしまいまた似たようなことがあると爆発してしまいます。1つずつ解決していくことで同じ内容では喧嘩しないようになります。

結局のところ「喧嘩の多いカップル」は前回の喧嘩でどちらかが納得していないことが多く、同じ内容がぶり返していることが多いです。「今のもめ事を鎮める」ことを考えるのではなく、同じことでは今後もめることのないように話し合っておくことが今後、喧嘩しないための1番の方法になってきます。

 

-カップル

Copyright© 【恋人大学】彼氏彼女を作る・うまくいかないカップルのための恋愛成就サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.