カップル

恋人との喧嘩の原因11選!カップルがもめる理由や内容を知って喧嘩防止!

更新日:

喧嘩している二人

 

恋人同士での喧嘩にはいろいろな原因があります。「彼氏が怒っている」「相手から連絡が来ない」「彼女がLINEしてるけど既読無視・・・」そうする理由となるもめ事の内容には何があるのでしょうか?

世の中のカップルが喧嘩している原因を知って、彼氏と出来るだけもめ事の内容にしましょう!相手への対応や簡単な解決策も紹介します。また、相手が怒っている理由がわからないという人も参考にしてください。

 

1.価値観が違う

恋人と出会う前は、違う環境で育ち、別のコミュニティで生活してきましたので、「記念日に会う・会わない」「毎日連絡を取るのが普通・用事がある時だけでいい」「食べ方のルール」「親に紹介する・しない」「好きと伝える・伝えない」など価値観が違うのは当然です。

あなたが普通だと思っていてもそうすることで、相手はストレスが溜まってしまうことも多いです。それが許容範囲を超えるのであれば、話し合う必要があります。

しかし、相手も悪いことをしているわけではないことが多いので、生活スタイルや習慣の違いを理解しようとする気持ちも重要です。初めから怒ったり強く指摘しないで、まずは相手の話を聞きどちらの価値観を取り入れるのか話し合うようにしましょう。

 

2.約束を破る

「デートの日にち」「○○をする・しない」「報告する」といった約束を相手が破ったことによって喧嘩なることは多いです。

日にちや時間の約束であれば、破ったことに何か理由があるのであれば許してあげましょう。とは言え何回も続くのであれば相手が悪いということもありますので話し合う必要があります。「○○する・しない」という約束を破ったのであればなぜそうしたのか聞いてみましょう。しょうがない理由があったのかもしれません。

「報告をする」に関しては、本当に「忘れていた」「言ったつもりだった」のかもしれませんし、あえて言わなかったのかもしれません。どちらにしろ理由をしっかりと聞くようにしましょう。しかし、どの内容に関しても何度も約束を破ったり、あなた以外の何かを優先し約束を破ることが多いのであれば相手の気持ちを確認する必要があります。

このままの状態で相手と付き合っていてもストレスが積み重なるだけです。

 

3.他の人への嫉妬

「私の時は楽しそうじゃない」「友達とはたくさん話している」という風に、相手が自分といる時よりも友達という時の方が楽しく積極的に見えてしまい嫉妬する人は多いです。恋人と友達は雰囲気が違うもの、ある程度、自分の時と雰囲気が違っても許してあげましょう。もし、あなたと過ごす時に「楽しくない」と言っているのなら問題ですが、友達との付き合いが10年、恋人との付き合いが1年半となると雰囲気が違っても当然なのです。

これから楽しく過ごすにはどうすればいいだろう?と考えるようにしましょう!

また、そのグループの中に異性がいて嫉妬したことにより喧嘩になることもあります。古くからの友人で会ったり仕事場の飲み会であるのなら受け入れてあげましょう。新しい出会いを探していないのであれば友達と遊んだり、仕事場の付き合いは必要になってきます。

 

4.LINEの返信が遅い・内容が薄い

LINEの返信に関することが喧嘩の原因になることは多いです。「返信が遅い」「既読になったのになかな返ってこない」「反応が悪い」といった内容でどちらかが指摘し、言い合いになったりさらに返信がなくなったりします。

このLINEが喧嘩の原因になる場合、返信がない理由が他にあることもあります。「本当に忙しかった」「その前の返信が気に入らなかった」「実は何かに怒っている」など様々ですが、相手になぜそうなっているのか?聞いてみるほうがいいでしょう!「LINEの返信が遅い!」と端的に怒ってしまうと相手にも相手の主張があります。

また、付き合いたてなのであれば「仕事の日は返信をあまりしない」「必要最低限はLINEしない」などその人の価値観もあるので、大きな喧嘩になる前に相手の価値観についても知っておく必要があります。

 

5.会う頻度が気に入らない

会う頻度に関して2人の恋愛観は様々です。「休みの日予定がないのなら会いたい」「ご飯だけでも週1で会いたい」「月1,2回会えれば十分」といったように出来るだけたくさん会いたい人、気持ちが通じていれば合わなくても平気な人男性でも女性でも価値観様々です。

出来るだけ会いたいと思っている人と、会う頻度を気にしない人が付き合ってしまうと、もちろんどちらかにストレスがたまります。付き合う前に相手の価値観を確認していなかったのであれば、どちらかが折れるか2人が考える会う頻度の間にするしかありません。

また、会う頻度が少なくて辛い場合でもそのことを強く主張してしまうと、相手もプレッシャーを感じます。どうして頻繁に会うことが嫌なのかしっかりと相手の考えを聞きましょう。

逆にあなたが頻繁に会うのがストレスになっているのであれば、理由をしっかりと伝えて相手に司会してもらうことも重要です。

 

6.金銭面の問題

収入が多い人、比較的少ない人、趣味にお金を使う人さまざまです。もちろん恋人とは仕事も違ったり、普段使う金額も違いますし、貯金額も違います。そんな2人が付き合っているわけですから2人の金銭感覚が違うのも当たり前なのです。

しかし、お金のことに関して「約束を破った」「金遣いが荒く心配になる」「払ってくれない」などたくさんの問題が出てきます。

その問題が将来の2人の関係に重要な事なのであればしっかりと話し合う必要があります。お互いにいつまでに結婚をするとゆう風に決めているのならしっかりと制御しないといけません。逆にまだ付き合いたてなのであれば、ある程度は許容してあげなければいけません。

ただ、どちらかの負担が多くなるようであれば問題です。「彼氏が趣味やギャンブルにお金を使っていつもデート代は私持ち」「お金を貸したけど返してくれないから、生活苦になっている」そういう理由があるのであれば、真剣に話し合ったり、一度距離を置くことも考えなければなりません。大げさかもしれませんが経済的に波乱してしまいますし、将来そのままでうまくいく必要がありません。

 

7.ギャンブルをする

ギャンブルは男性に多いですが、パチンコ・スロット・競馬などにのめり込んでいて金銭的にも不安だし、時間も作ってくれないという内容です。

相手のお金が無くなって貸してあげたり、借金を背負ってしまう人もいるでしょう。そこまでいかなくてもギャンブルに夢中でなかなか会ってくれなかったり、早く終わった日だけしか会ってくれないということもあります。

それでも相手が好きなのであれば、あなたが妥協して付き合っていくしかありません。また、負担になっていることがあるのであれば「約束は破らないでほしい」「お金を貸すのはもう無理」と言うことはしっかりと伝え、あなたへの負担をできるだけ軽減するようにしましょう。

しかし、経済的に崩れる程のめり込んでいるのならギャンブル依存症になっていますので、解決策を考えなければなりません。今では依存症を治す病院もあるので検討してみても良いでしょう。しかし、相手に直接「依存症じゃない?」「治した方がいいよ」と言っても喧嘩の傷口が広がるだけです。動くのならば慎重にしなければいけません。

 

8.意見を言わない・ハッキリしない

付き合っていると色々な場面で、選択したり意思を伝える必要が出てきます。「食事する場所の選択」「次の休み会えるのかどうか?」「怒っているのか怒っていないのか?」・・・などなど。この意見を言わなかったり、ハッキリとしないことによって喧嘩をしているカップルは非常に多いです。

また、この状態になってしまうカップルは「お互いに優柔不断な場合が多い」です。1度2度会っただけならこだわらない方が関係をうまく続けていくには良いですが、毎回もめてしまうのであればあなた側がハッキリするしかありません。そうすることで相手も嫌であれば「こっちの方がいい」というものです。

そして、一番重要なのは「なぜ意見を言わないのか?」「なぜハッキリしないのか?」聞くことです。他にこだわりがあったり、選択肢以外の事をしたいのかもしれません。女性に理由として意見を言いにくいということもあります。

 

9.好きという気持ちの度合い

相手の気持ちが薄れていることで、今までと状態が変わったりして喧嘩になる場合です。

この場合、相手が言ってくれないことが多いので、よくよく話してみると「実は・・・。」ということが多いです。相手が起こっている理由やなぜ最近、素っ気ないのか聞いていると相手が言うこともありますが、気持ちを薄らいであるのであれば、何か問題があるはずです。

相手を刺激しないように探ってみるが重要です。相手の気持ちが薄らいでいてもその原因さえわかれば解決することは可能です。一気に問い詰めないで少しずつ聞き出していくようにしましょう。

 

10.夜のお店に行っていた

彼氏がキャバクラ・風俗・ガールズバー・クラブなど夜のお店に行っていたことがわかり喧嘩になる場合です。本人が好きで行っていた場合はしっかりと話し合って行かないようにしてもらうしかありません。

また、上司や取引先に連れて行かれていた場合は、本当に必要なのか確認することです。上司には傲慢な人もいるので、一緒に行かないのであれば簡単に評価を下げたりする人もいます。パワハラに値しますが、もしそうであれば彼女と上司に挟まれて辛い思いをしているのかもしれません。

もちろん、自分が行きたいから上司に連れていかれることを理由にしていることもあります。

 

11.浮気をしていた

本人、もしくは友達や周りの人の目撃談や携帯でやり取りをしている事を知ってしまった場合など、相手の浮気を知ってしまい喧嘩になってしまいます。

浮気は浮気している側が悪いです。発見したのであれば、浮気された方がどう思い、許せるのか?という問題になってきます。相手と話し合って、らちが明かないようであれば別れるという道を選ぶしかないでしょう。どうしても相手を諦められないのであればしっかりと話し合って続けていく道を選ぶことになります。

また、勘違いであることも多いです。周りの目撃談であれば「兄弟姉妹と会っていただけ」「似た人だった」「仕事場の人だった」ということもありますし、携帯を見て異性から連絡が合った場合も「元カノからの一方的な連絡だった」「仕事場の人だった」ということもあります。中には、恋人へのサプライズの為に人と会っていたということもあります。

相手を問い詰めるときには、細心の注意を払いましょう。ただ、気になることがあるのであれば早いうちに確認するようにしましょう。

 

喧嘩の原因を知っていれば、事前に防げる

喧嘩にならないためには、あらかじめ相手の考えや価値観を知っていると防げることも多いです。

会う頻度やLINEの頻度の場合だと、相手はどんなペースで会ったり連絡を取るのが理想なのか?付き合う前もそうですし、付き合ってからでも確認しておいた方がいいでしょう。

また、金銭面やギャンブルをするかしないか、夜の店に行ってるかどうかも付き合う前は隠すことが多いので付き合ってから早めに確認する方がいいですね。もしも、そうなのであれば喧嘩になる前にあなたの意見を言ってみましょう。そうすることで大きな喧嘩を未然に防ぐことができます。

 

-カップル

Copyright© 【恋人大学】彼氏彼女を作る・うまくいかないカップルのための恋愛成就サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.