片思い

男の脈なしサインを見抜くには?振り向かせる→落とす方法はコレ!

更新日:

好きな人のことを考える女性

 

男の脈なしサインはわかりやすいと言いますが、あなたに「好き」という気持ちがあると脈ありであっても気づかないことが多いです。LINEの内容や反応、会った時の相手の会話内容や行動でだいたいの気持ちはわかります。また、2人でデートしたことがあるかないかでも見るべきポイントは変わってきます。

相手を好きになればなるほど、不安になり「もうダメかな?」「気がないのかな?」と思ってしまいがちです。彼氏にできたかもしれないのに見逃してしまわないために男の「脈なし」サインをしょうかいします。

また、完全に脈ありでなくても振り向かせて相手を落とす方法も紹介しますので、最後の最後まであきらめないでください。

 

2人でデートする前の脈なしサインは?

2人でデートをまだしていない段階でLINEのやり取りをしていたり、共通の友人と一緒に会っている場合は脈なしかどうか見抜くのは非常に難しいです。

共通の友達と一緒に会っている場合

この場合が最も判断が難しくなります。というのも相手が「友達」「仲間」として好意を示しているのか、恋愛に発展するような感情を持っているのかの境目が難しいからです。相手の立場に立ってみても友達グループの関係もあるので、安易にアタックするのも難しいです。

ただ、脈なしであれば、相手から個人的にLINEが来たり、友達といるときに頻繁に話してくるなどということはないでしょう。逆にあまり話しかけたり、褒められることがない場合も脈なしということではありません。男性は行為がある人ほど話しかけたり、ほめるのが苦手なので他の女性よりも接触頻度が少ないと言ってネガティブに考え内容にしましょう。

この段階では、明確な脈なしサインはありません。あなたに「好き」という感情や「気になる」という感情があるのなら積極的に話したり、LINEを送ってみるといいでしょう。

LINEをしている場合

個人的に2人でLINEをしている場合なら脈なしではないととらえていいでしょう。

男性はわかりやすいものです。恋愛対象外の人とは必要以上にLINEをしませんし、すぐに返ってこなくなります。相手からLINEが来たり、あなたから送って1回で終わってしまうようなことがないのであれば十分脈ありの可能性があります。逆に、会話の途中で返ってこなくなった場合は脈なしの可能性が高くなります。

また、1回途切れたのに、相手から数日後にLINEが来たり、送られてくる内容が質問が多かったりした場合は脈ありとみていいでしょう。気持ちが全くない相手にわざわざ連絡したり、質問をしたりする男性はいません。ある程度、行為思っている可能性がかなり高いです。

  • 会話の途中でLINE返ってこなくなる
  • 追加でLINEを送っても返ってこない
  • 「そうなんだ」「よかった」「わかった」のみ

この様な場合は脈なしサインである可能性が高いです。

 

男は脈なしでもデートはするのか?

今までに共通の友達がいたり学校、職場で知っている相手であっても、まだまだ女性として知らないことが多いので、「好き」という気持ちがなくても2人でデートすることはあります。

もちろん、相手はあなたのことを「どんな人なんだろう?」と思っている段階なので、もっと知りたいという思いからデートをするのです。気になっていないのにデートに行くはずはなく2人で出かけるとなったら十分脈ありとみていいでしょう。

しかし、問題はその後です。デート中の相手の会話内容や行動を見たりデート後の相手の反応で今後、脈なしなのか脈ありなのかわかってきます。

  • 2人で会ってくれない
  • 2人のはずがギリギリで他の人も来ることになった

この様な場合脈なしサインである可能性が高いです。

 

デート中の会話や態度、行動で見抜く

2人でデートしている中の会話や相手の態度、行動から脈なしかどうか見抜くことができます。

男性は、好意を持っている相手には2人になるとわかりやすいサインを出します。あなたの仕事の事や普段の生活のことを色々聞いてきたり、次のデートのことなどを話してきた場合、脈ありとみていいでしょう。

逆に、口数が少なかったりあなたが何か話しかけても「そうだね」「へー」というだけの場合は脈なしの可能性が高くなります。ただ、男性側も緊張していて口数が少なかったり、うまく返せないこともあるので、会話内容や雰囲気だけで脈なしかも・・・と思ってしまわないようにしましょう。

最もわかりやすいのは、当初の予定の一部をキャンセルする場合などです。ご飯を食べてカラオケに行こうと言っていたのに、時間があるにもかかわらずカラオケに行かずに帰ったり、食事をしてそそくさと解散した場合などは脈なしサインである可能巣が高いです。

  • 会話が「そうだねー」など短絡的
  • デートの予定を一部キャンセル
  • 「明日の朝早い」とやけにアピールする
  • 食事をそそくさと済ませる

相手に好意があるのであれば、相手もあなたに気に入られろうと何か話そうという気持ちになるはずですし、少しでも一緒にいたいと思うはずです。もしも早く帰りたいようなそぶりを見せたら脈なしサインでしょう。しかし、初めから長くいるのも・・・と思う男性もいます。なので、解散後のLINEの反応が重要になります。

 

デート後のLINEの内容で見抜く

デート中は相手も緊張していることもあったり、相手が恋愛になれていないと脈なしの様に見えてしまうことが多いです。そんな時に一番わかりやすいのがデート後のLINEの内容です。

相手から「次はいつ休み?」「今度は○○行こう」など次の予定の話が出たり、「今日言っていた本買ってみるよ」「教えてくれた動画見てみるね!」などその日話した内容を送って来た場合も脈ありとみていいでしょう。

しかし、相手からLINEが来なかったり、あなたが「ありがとう」など送ったことに対しての返事だけだと脈なしであることが多いです。

  • デート後にLINEが来ない
  • あなたが送った内容への返信だけ
  • 次の誘いをしても予定がわからないと言われる
  • 無視される
  • ブロックされる

この様な場合は脈なしサインの可能性がかなり高くなりますが、「無視される」「ブロックされる」以外の反応だと、まだまだあきらめてはいけません。後で書いている「男を振り向かせる方法」「落とす方法」を実践してみてください。

また、次の約束があるのであれば、LINEが返ってこなくても脈ありのことが多いので、次に会う日が決まっていたら安心してよいでしょう。

 

2回目以降のデートはわかりやすくなる

1回目のデートはお互いに「様子見」ということが多いでしょう。なので2回目のデートになると相手の会話や行動から脈なしなのかわかりやすくなります。2回目のデートに行ったから脈ありとは言えませんが、あなたのことをもっと知りたいと思っていることは確かでしょう。

まずは、会話や行動以前に行く場所がデートスポットであったり、観光地を相手がチョイスした場合はかなり脈ありの可能性が高いです。夜景や水族館、オシャレなレストランやバーに連れていかれたのであれば期待しましょう。あなたを女性として、彼女にしたい覆って見ている可能性が高いです。

会話内容では、「○○行きたいねー」「今度○○行かない?」など発展的な内容や「彼氏いつからいないの?」「どんな人がタイプなの?」など恋愛の話をしてきた場合も脈ありの可能性は高いです。また、特に特別な場所でなくても食事後ももう一軒行こうと言いだしたりした時も期待していいでしょう。

 

しかし、いくら2回目だと言ってもこの2回目のデートで最後になってしまうこともあります。「とりあえず2回目に行こう」と思っている場合や「やっぱり彼女にしたいとは思わない」という場合もあるからです。なので、デート中に次の誘いがなくデートが終わってからもLINEの反応が悪かったのなら脈なしとなってしまいます。

  • 次の誘いがなかった
  • デート後LINEが来なかった
  • 次の誘いをしても予定がわからないと言われる
  • 無視される
  • ブロックされる

この段階になると相手も緊張がなくなってきてわかりやすくなっていますので、この様なサインが出ると脈なしの可能性が高いでしょう。

 

脈なし相手を振り向かせるには?

色々な場面で男性から脈なしサインが出ることがあります。しかし、あなたに「好き」という感情があるのなら思い切って振り向かせるために行動をすることをおすすめします。

今行動しないと、この先はもっと脈なしになってしまい、恋愛対象外になってしまいます。つながりがあるうちに、会っていた日から月日が経ってしまわないうちに何か対応をすることがおすすめです。

積極的に誘ってみる

まだ、デートをしていない段階の時は積極的に誘ってみましょう。今は草食男子が多い時代です。相手も気になっているけど思い切って誘っていないケースも多いです。

また誘ってみるときのコツですが、出来るだけ明るく振舞いましょう!「もしよかったらでいいんだけど。。。」「いやだったら断ってね・・・」という感じで誘うとLINEのやり取りが重くなってしまいます。

ハッキリとわかりやすく、「今度の日曜日にご飯行こう」など内容を明確に伝えるようにしましょう。また会うことを中途半端な言い方だと断るスキを与えてしまいます。また、日にちを言うことで「その日は予定がある」と言われても、「じゃあ、いつだったら空いてる?」と話を続けることができます。

誘われないし、相手の気持ちがないのかな?をネガティブになっていても意味がありません。相手も好きな気持ちがあって誘いにくいという場合もありますし、あなたの好意に気づき、感情が芽生えることもあります。

デート中は積極的に質問をする

積極的に話しても、あなたの事ばかり言っていては相手は疲れてきます。人間、自分の事を聞かれるとうれしいものなので積極的に普段の生活や仕事のことを聞いてみましょう。

男性は、基本的に自分が話さないと!と思っているので、あなたから質問だれることで、嬉しいですし「俺のこと気になってるのかな?」と恋心を動かすことができます。ただ、男性は今までの恋愛の話をあまりしたがらない人が多いので、前の彼女のことを聞いたりするのは控えめにしましょう。「いつまで彼女いたの?」くらいに留めておいて相手がさらに発展的な質問をしてきたり話し出すようなら恋愛の話を広げていくくらいで十分です。

男性は、仕事の話や趣味の話が好きなので、仕事のことが難しくてわからなくても「それって何?」「どうやってするの?」など相手の仕事や趣味を理解しようと思って話していると会話は盛り上がりますし、相手を知ることができます。

デート後のLINEは振り向かせるために最も重要!

デートの後、「LINEが来るか?」「内容はそんな内容で来るのか?」不安な気持ちでいっぱいなのは相手も同じです。もしも別れてすぐにLINEが来なかったら待ってはいけません。相手も待っていることが多くあなたから明るい雰囲気で送るようにしましょう。

また、内容も「今日はありがとう!楽しかったよ!」という内容だけではなく、「今度はいつ予定空いてる?」「またご飯行きたいな!」と次のに会う話をしてあなたが相手に好感を持っていることを伝えましょう。

ここで、恥ずかしがる必要はありません。相手がまだ好きとは言えないけど今後も仲良くしたいと思っているような中途半端な状態の場合はあなたから明るくして好意を持っている事をアピールすることで相手の気持ちもだんだん本気になってきます。

男性は、恋愛対象外であれば1回目のデートもする人は少ないです。デートに行って普通に終わったのであれば積極的にLINEを送るべきです。

どこに行きたいとハッキリという

男性は好意を見ってもらうと、徐々に好きになっていく生き物です。あなたに気持ちがあるのなら積極的に「○○に行きたい」と言いましょう。そうすることで自分は必要とされていると思い、相手も安心します。

ここで、また会いたいとだけ言ってどこに行きたいと伝えないでいると、話が流れてしまったり、相手がい記載を決めるのがめんどくさいと思ってしまいます。

何も観光スポットや行楽地に行く必要はないので、食べログなどでお店を調べて「このお店前から行ってみたかったんだ!」と伝えましょう。相手の手間を省くことで会う予定を決める時の話もスムーズに進みます。

 

2回目のデートに誘って相手を落とす

1回目のデートで脈なしかもしれない相手を落とすには少しレベルが高すぎます。1回目のデートに行ったのなら積極的に2回目のデートに誘い相手を落としましょう。

ここでのポイントは、1回目と2回目のデートをするまでの間にはあまりLINEを送らないことです。相手が何か質問をしてきたり、積極的に行くって来たのなら流れに合わせ返信てOKですし、むしろ脈ありサインともいえるのでそうなった場合は、期待していいでしょう。

しかし、この2回目のデートまでの間に、相手がLINEをしたいと思っていないのに送ってしまうと、男性はめんどくさい女と思ってしまいます。

ただでさえ、男性はLINEなどをこまめにすることを嫌う人が多いので、会うことが決まっているのなら頻繁に質問しないで、会う予定の前の日くらいに送る程度で十分です。

2回目のデートで会った時が勝負!

そして、いざ2回目のデートになった時に、前回のデートよりもオシャレをしたり少しセクシーな服を着ていきましょう。あなたのファッションのジャンルにもよりますが、このデートを楽しみにしていたということをアピールしましょう。男性は自分を特別扱いしてくれることが大好きです。

また、化粧を濃くしすぎたりすると「頑張っている感」が出るので、化粧以外の髪型や、服装でアピールするのが大切です。

待ち合わせの時から笑顔で「おはよう^^」「おつかれー^^」というだけで相手のあなたへのイメージは変わります。積極的に相手のことについて質問してみたり、「美味しいね!」「綺麗だね!」という五感で感じたことを伝えるようにしましょう。自分は満足しているということをった得ることで、相手も「今日のデート楽しいな」と思うようになります。

次に会う約束をデートのうちに!

次に会う約束は、絶対にデートのうちにしましょう。帰ってからLINEでするとなると相手に逃げる道を与えてしまいます。

また、相手がどう思っているか見るためにも、話の会話の流れで「ここのお店行ってみたいんだよね」「この映画観てみたかったんだ」という風に話題をふってみましょう。「じゃあ、今度一緒に行こう」「俺も言ってみたい」などと帰ってきたのであれば、もう脈ありサインと同じです。

また、「一緒に行こう」と相手が言わなかった場合は、誘いましょう。一緒に行くことを遠慮している場合もあります。この流れで誘って相手が嫌がることはほぼありません。同じような流れで3回目、4回目とデートを重ねることで相手の反応も変わってきてあなたに好意を持ってくるでしょう。

-片思い

Copyright© 【恋人大学】彼氏彼女を作る・うまくいかないカップルのための恋愛成就サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.