カップル

【遠距離カップル】恋人とのLINE頻度と長続きするための3つの方法

投稿日:

女性 携帯

LINEの頻度は多いですか?少ないですか?

遠距離カップルの場合は、会う頻度も少なくなるのでLINEのやり取り一つですぐに喧嘩になることもあります。

 

遠距離恋愛となると会う頻度も少なく、LINEでのやり取りが中心になるので、近距離カップルに比べてコミュニケーションをしっかりとることが重要です。

 

近くにいれば、相手の予定もなんとなく把握できたり、急に会うことができたり、コミュニケーションも取りやすかったりしますが、遠距離カップルの場合はそうはいきません。

遠距離恋愛で失敗しないために知っておいてほしいLINEの頻度や電話の仕方について紹介します。

 

長続きするにあたって大切な「恋人とのベストなLINE頻度は?」や「遠距離カップルの心情」「LINEでしてはいけないNG行動」などをまとめてみました。

 

遠距離カップルのLINE頻度と会う頻度は?

女性 笑顔

遠距離カップルなら「会えない分、毎日LINEをしている」という風に考える人も多いかもしれません。

 

しかし、LINE頻度はカップルによって全く違います。

なぜかというと、性格や考え方がちがうように「毎日LINEがしたい」と思う人もいれば「毎日の連絡は苦手」という人もいますし、年齢や生活スタイルによってもLINE頻度は異なってきます。

 

学生であれば、自由な時間があるので毎日LINEや電話ができますし、SNSをしている場合は相手の行動も見ることもできるので、連絡を取らなくてもコミュニケーションが取れるというカップルもいるでしょう。

また社会人であれば、仕事が中心なので自由な時間がなく、仕事の付き合いや、プライベートの時間などで毎日のLINEや電話は難しいと考える人もいます。

 

お互いの理想のLINE頻度を知っておく!

遠距離だから「毎日LINEをした方がいい」ということではなく、お互いが理想とするLINE頻度を事前に知っておくことが重要です。

 

例えば「遠距離だから毎日LINEをしている方がお互いにとっていいのかな?○○はどう思う?」と聞いてみるのがいいでしょう。

LINE頻度については周りと比べるのではなく、自分たちに合った頻度が1番いいということになります。

 

また会う頻度も、カップルによって違います。

会いに行くにも交通費や宿泊費などもかかるので、稼ぎがない学生は頻繁に会いに行くことができないでしょうし、社会人でもいくら会いたいと思っても出費がかさむとなかなか会えない人も多いと思います。

費用の面で問題がなかったとしても、仕事が忙しかったり、休みのタイミングが合わないと頻繁に会えないことが難しいカップルもいるでしょう。

 

しかし、何カ月も会えないと、疎遠になっていってしまい、お互いの気持ちも冷めていってしまいます。

 

先に会う約束をしておく!

そうならないためにも「先の会う約束」をしておきましょう。

また会える時に会おう」ではなく、「○月○日に会おう!」とはっきりしている方が予定も立てやすく、日にちが明確な方が「早く会いたい!」という想いも強くなります。

 

また、LINEでも会う日のことやその日のデートプランなどの話題ができ、グッと心の距離も近くなるでしょう。

 

稼ぎがない人はバイトやお小遣いで少しずつ貯めるなど「会うためにの努力」も必要でしょう。

 

やはり、どんなにLINEや電話でコミュニケーションを取っていたとしても、会えないままの恋愛は長く続かないことが多いです。

 

しかし、海外の遠距離のように何年も会えないことが多いカップルの場合は、たまにはテレビ電話をしてコミュニケーションを取ることをオススメします。

会えなくても顔を見て話すことで同じ時間を楽しく過ごすことができ、心も通じ合えるでしょう。

 

このようにLINE頻度や会う頻度は「生活スタイル」や「状況」で全く異なります。

 

周りのカップルの頻度に合わせたとしても、仲良く付き合っていけるかは別の問題です。

 

例えば、長続きしているカップルが3日に1回のペースで連絡をしていたとしても、その頻度で「あなたと恋人が長続きするのか」というとそうではありません。

3日に1回のペースで連絡を取ることであなたが良くても、相手がどう思うのかを考えなければいけないのです。

 

相手もそのペースが良いとうのであれば、その頻度がベストだと考えてもいいのですが、相手が「1日に1回は連絡を取っている方が安心だ!」と考えていた場合、どちらかが我慢することになってしまいますよね?

 

その時は「忙しい日や予定がある日はLINEはできないけど、次の日○○でLINEができなかったという連絡を入れるようにするよ」という風に決め事を作っておくといいでしょう。

 

あくまでお互いが一番ストレスのたまらない状況にすることが大切です。

LINE頻度や会う頻度については恋人と話し合って「お互いにあったベストな頻度」を決めていきましょう。

 

LINEだけではなく電話をうまく使う

電話をする 女性

遠距離であっても電話をうまく使うことで、良い関係性を保つことができます。

 

1日に1回はLINEをするなど、お互いにあった頻度で連絡を取ることはとても大切なことでしょう。

しかし、毎日LINEだけでは物足りないと感じることはないですか?

 

恋人同士なら「たまには声が聞きたいな」「顔が見たいな」と思うこともあるでしょう。

 

ただ、反対に毎日電話をしていると、話題もなくなり、次第に話すことも無くなってしまいます。

いくら電話をした方がいいといっても多すぎると、それがお互いのストレスにもなり、破局の原因になるかもしれません。

 

そうならないためにも、恋愛には上手な駆け引きも必要になってくるのです。

そこで、上手なLINEと電話の使い分けのポイントを紹介します。

 

毎日LINEではなく、たまには電話をかける

毎日LINEをするだけでは、何か物足りないような気がしませんか?

恋愛には刺激が必要なんてことも言いますが、LINEだけではなく、電話でコミュニケーションを取ることも必要です。

 

LINEの文字だけでの会話にも限界があり、電話で会話をし一緒に笑い合うことや、声から相手の様子を感じ取ることも大切なのです。

 

しかし、電話をする場合は忙しい時や、仕事を控えていてバタバタしている時ではなく、お互いがゆっくり話せる時間にしましょう。

 

例えば、お互い次の日が休みなら、その日の寝る前などが気持ち的にもゆっくりできるのでおすすめです。

 

毎日LINEをするだけではなく、たまに電話をかけることで自分との関係性も再確認でき、何でもLINEにするのではなく直接話す大切さも覚えておきましょう。

 

特別な日には電話をかける

誕生日や記念日にはLINEで済ませるよりも電話の方が特別感が出て、より愛情表現として良いでしょう。

しかし、恋人の都合もあるので急に電話をかけるよりも事前に予定を確認しておく必要があります。

またLINEも動く絵文字やスタンプも豊富になっているので、忙しい時はLINEだけでも喜んでもらえることでしょう。

 

でも、特別な日にはいつものLINEよりも、電話の方が「すごく愛されている」と感じさせてくれるのです。

 

また、誕生日であればサプライズでプレゼントを贈り、「誕生日おめでとう!プレゼント気に入ってくれた?」と電話をするのも、効果的です。

好きと言葉で伝えるよりも特別な日に電話をすることで「大切に想っているよ」ということが、相手により強く伝わるでしょう。

 

遠距離カップルがLINEでしてはいけないNG行動

電話 触る

遠距離恋愛では欠かせない連絡手段がLINEです。

とても便利な機能ですが、喧嘩の原因や別れるきっかけになってしまう脆さもあります。

 

相手の反応が怖くて直接言えない気持ちをLINEで送ってみたり、寂しいからと何度もLINEをしてみたり、いくら恋人でも「うっとしい!」と感じてしまいます。

 

LINEの使い方を間違えないためにも、「LINEでしてはいけないNG行動」をまとめてみました。

 

LINEでは重い話をしない

遠距離恋愛には不安や寂しさは付き物ですが、会えない寂しさや好きという気持ちをLINEで送ることは良くありません。

相手がなんて返事をしていいのか困ることや、内容によっては過激になり「引いてしまう」ことも考えられます。

 

特に男性はLINEでの返事が苦手な人も多く、重いと感じさせてしまうので気を付けましょう。

 

LINEは便利な機能ですが、何でも思ったことを文字にして伝えるのは良くありません。

その時の感情だけで「会えない距離だけど、ずっと好きでいてくれるよね?離れたりしないよね?」と一方的な想いを送り、翌朝、冷静になった時に「やっちゃった」と後悔することはありませんか?

 

そういうLINEは相手にとってすごく重く、返事に困る内容です。

 

また既読になったのに「返事が返ってこない!」と結果自分がしんどい思いをすることになるでしょう。

 

寂しいときは電話をして、「寂しけど、その分次会えることが楽しみだね」とポジティブに伝えた方が相手も重く感じず、「会いたい」と言ってくれていることに素直に嬉しいと感じるものです

LINEでの重い話はストレスを与えてしまうのでやめましょう。

 

文章だけのやり取りはしない

遠距離の場合は文章のやり取りだけではなく、写真をつけて送ることも良いでしょう。

なぜかというと、SNSをしているカップルが不安にならない理由の1つに「相手の行動や生活が見られるから」という意見があります。

 

しかし、SNSをやっていない人も多いので、普段からLINEで遊びにいった出先の写真や面白いと思った日常の写真などを送るようにしましょう。

 

遠距離恋愛では心配になるのは、会えない寂しさや恋人の生活状況がわからないからなのです。

 

写真を送ることで、「へ~こんな所に出掛けているんだ!」と相手の生活が想像できたり「なにこれ?!面白い」と共感できたりと、メリットも多いのです。

 

しかし、特に理由もない自撮り写真を送るのは返事に困る人もいるので、控えましょう。

 

文章だけではなく、写真を付けることでお互い共有できる話題作りも大切なコミュニケーションです。

 

何度もLINEや電話をしない

遠距離だと相手が何をしているのか分からないので、何度も連絡をしてしまう人も多いでしょう。

浮気していないかな?」など離れていると不安になってしまうこともたくさんあります。

 

しかし、何度もLINEや電話をすることで、「面倒な恋人」と思われてしまい、別れを切り出されるかもしれませんよ。

 

そうならないためにも、送りたい気持ちをぐっとこらえて、待つ努力もしましょう。

また相手にも返せない理由やLINEが苦手ということもあるので、事前にLINE頻度についても話し合うことも大切です

 

 

遠距離恋愛でも長く付き合っていく3つの方法

カップル 手を繋ぐ

遠距離恋愛は長く続かない!と思っていませんか?

 

近くにいるから上手くいく」「会えない距離だから続かない」ということはありません。

 

確かに、すぐ会えない距離にいるカップルよりも会える距離にいるカップルの方がコミュニケーションが取れて仲良がいいように感じます。

 

しかし、距離が離れていても悪いことばかりではありません。

  • 会えない分会えた時のドキドキ感がたまらない
  • 恋人とのLINEや電話の時間をとても大事にできる
  • 離れているので1人の時間がもてる

このように遠距離カップルのメリットもたくさんあります。

 

遠距離恋愛の方が我慢もたくさんありますが、ルールさえ決めていれば長く付き合えるでしょう。

そのために「遠距離恋愛でも長く付き合っていく3つの方法」をまとめてみたのでご紹介します。

 

1日に1回はLINEを送る

あなたは恋人に1日に1回はLINEを送っていますか?

用件があるときだけでいい」と思って、何日も連絡をしていない人もいるでしょう。

 

しかし、それでは相手に冷められてしまったり、誤解される原因に繋がります。

何度「好き」だと伝えていても、全く連絡がないと本当かな?と思われてしまいますよ。

 

長続きするには「あなたに関心を持っている」ということが伝わるように心がけないといけません。

その1つの方法として「おはよう」など、毎日1回はLINEを送るようにしましょう。

 

週に1回は電話をする

遠距離では会う頻度も少ないので、LINEだけではコミュニケーションをうまく取れません。

 

LINEが毎日できなかったとしても、週に1回くらいは電話をすることで、声から相手の様子を感じ取ることができるのです。

 

またLINEでコミュニケーションを取る事にも限界があるので、長く付き合いたいのであれば、電話をする方が「付き合っている」という関係性を再確認できるのです。

 

休日前の寝る時など、リラックスしている時の長電話もお互いの気持ちがグッと近くなる良い方法ですよ。

 

先でも会う約束をする

遠距離で一番大切なことが「先でも会う約束をする」ということです。

 

会えない時間が愛を育てる」というを言葉の様に、会う約束があるからこそ明日の活力に変えられるのです。

 

しかし、会えないままでは何の楽しみもなく、付き合っている意味もわからなくなりませんか?

 

遠距離恋愛をするのであれば、必ず「先での会う約束」をしておきましょう。

 

また、会うとなれば、「交通費」や「会う時間」など色んな問題も出てきます。

 

稼ぎが少ない人や、仕事でなかなか休みが取れない人は会いに行くのは難しいかもしれませんが、どちらか一方が会いに行くのではなく、中間地点で会ったり、時間がない場合は時間がある方が会いに行くなど工夫することも必要です。

 

遠距離でも会わないままでは気持ちも離れてしまうので、お互い負担にならない程度に会う方がいいでしょう。

 

遠距離カップルは結婚する確率が高い

カップル 花束

いかがでしたか?

遠距離恋愛は離れているからこそ、お互いを大切に想える素敵な恋愛です。

 

しかし、「会いたいときに会えない」「お互いの生活が見えない」という寂しさや不安な気持ちと常に隣り合わせですよね。

そんな日々に耐えたからこそ2人の絆は強く結ばれていることでしょう。

 

近くにいるカップルよりも遠距離カップルの方が結婚する確率が高いと言われているのは知っていますか?

 

しかし、それは1年以上も長く続いているカップルであって、1ヵ月から3ヵ月で別れるカップルも多いのです。

その理由に「寂しいから」「会えないから」という意見があります。

1ヵ月から3ヵ月で別れる場合は、LINEや電話などのコミュニケーションがうまく取れていないことが原因であると言えます。

 

ただ、このコミュニケーションをうまく取ることさえできれば、遠距離恋愛であってもうまくやっていけるということでもあるのです。

 

そうならないためにも、先ほど紹介した「遠距離恋愛でも長く付き合っていく3つの方法」や「LINEだけではなく電話をうまく使う」などを参考に成就させてください。

 

なかなか会えないからこそ「LINE」や「電話」をフルに活用して、遠距離恋愛を乗り越えていきましょう。

 

【恋人とのLINE頻度】1日何通が理想?彼氏と彼女の考えは意外な結果に!

あなたは恋人と、1日に何通くらいLINEをしていますか? 「1日中LINEでやり取りしている」カップルもいれば、 「用件があるときだけしか連絡を取らない」というカップルもいるでしょう。   ...

続きを見る

【社会人カップル】恋人との理想のLINE頻度は?長続きするための3つのルール

  あなたは恋人とどのくらいの頻度でLINEをしていますか? 「毎日LINEをしている」カップルもいれば、「用事があるときだけ」というカップルもいるでしょう。 また、自由な時間が持てる学生カ ...

続きを見る

-カップル

Copyright© 恋人大学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.