旦那

【コロナ禍】飲み会に行く旦那にイライラ・・どうしても不安な時の対処法とは?

コロナ 飲み会 旦那

世間を騒がせている新型コロナウイルス・・

マスクや消毒で感染対策をしていても、感染者数はどんどん増えていき不安な日々を過ごす人はたくさんいます。

自粛期間中はオンライン飲み会などが多くなりましたが、緊急事態宣言後は飲み会に出掛ける人もかなり増えてしまいました。

 

そんな中、

  • 旦那の飲み会が増えてきた
  • 平気で出掛ける旦那に腹が立つ
  • コロナ対策をしていても旦那が飲み会に行くから意味がない

このように、不満や不安を抱えている女性が多くなっています。

そこで、「どうして飲み会に行ってしまうのか」「飲み会が多い旦那との生活に不安があるときの対処法」などをまとめているのでご紹介します。

 

コロナでも飲み会に行く?飲み会に対する意識調せい査

全国的にコロナウイルスの拡大が増加し,緊急事態宣言が発令されていた頃は感染しないように自粛していた人も多いようです。

また、飲み会に行った人の割合はたったの4.8%であり、感染しないように行動する人々の意識の高さが見受けられました。

 

しかし、緊急事態宣言中と解除後では飲み会に行った人の割合が約5倍になっていることがグラフで分かります。

実際、解除後に新型コロナウイルスの全国感染者数が最多になるなど、状況は宣言中より悪化しているときもありましたが、自粛期間で長く我慢していたことから「早く外で飲み会をしたい」という気持ちが人々の中で高まっていたようです。

引用:ランク王株式会社

 

コロナでも飲み会に行く旦那にイライラ!飲み会に行く理由は?

考える女性

緊急事態宣言後も落ち着くことがなくマスクやアルコールなど当たり前になってしまっていますよね。

 

しかし、最初の頃よりも少しずつ気も緩んできている部分もあり、飲み会に出掛ける旦那も多いのではないでしょうか。

仕事の疲れや、自粛疲れもあり「今日は飲んで帰るよ」と平気で出掛けてしまう旦那にイライラするのも当然ですよね。

 

「コロナにかかったらどうするの?」「会社にも迷惑がかかる」「周りにも迷惑をかける」と誰もが感じてしまうものですが、コロナでも仕事に出ていかないといけない男性は女性よりもコロナに対しての注意意識が低いことが理由に挙げられます。

また、仕事のストレスもあるので、コロナよりも今ストレスを解消したい!という目の前の誘惑に負けてしまうのでしょう。

「まさか自分がコロナになるはずがない」と感じている人も多いのでコロナになる危険性よりも楽しい飲み会の方が勝ってしまうのです。

 

しかし、女性からすると毎日のように騒がれているコロナ禍で飲み会に行くなんて許せないものでしょう。

子供がいたり、妊娠中だったりすると尚更飲み会に行かれることに反対したくなってしまいます。

 

コロナ禍・・夫婦内での意識の違いで離婚に発展することもある!

指輪を外す

コロナが感染拡大している中でも、飲み会に行く旦那にイライラしている人も多いでしょう。

「こんな状況で飲み会に行くことは不安じゃないの?」「感染してしまった後のことは考えないの?」と感じてしまうことは当然です。

そもそも、コロナに対しての意識の違いで旦那に腹が立ってしまうこともあります。

 

例えば、

  • 帰ってきても直ぐに手洗いうがいをしない
  • マスクを消毒や洗濯をせず何度も繰り返し使う
  • 「自分は大丈夫」と変な自信を持っている
  • マスクを机の上に置いたままにしている
  • マスクをしていたら人混みを気にしない

このように、家庭を守ろうと普段から気を付けている女性からするとありえない行動ですよね。

 

しかし、毎日仕事で電車に乗ったり、人混みを避けることができない状況の旦那からするとコロナに対しての不安さは妻よりも低いのです。

それが引き金となって、夫婦喧嘩が増えてしまったり、「この時期の飲み会はありえない!」と旦那の無神経さに嫌になってしまうことでしょう。

 

コロナ離婚という言葉があるように、旦那が飲み会に行くことで不安になり離婚を考える人もいるのです。

 

仕事の付き合いがある旦那なら一旦別居もあり!

話し合うカップル

どうしても仕事の付き合いが多いという人は、一旦別居をするというのもありでしょう。

仕事の都合で外回りや人と会うことが多い仕事の場合は、コロナに感染してしまう不安があるので、夫婦で話し合い一旦離れて過ごすのも1つの方法です。

特に、妊娠中や小さな子供がいたり、高齢者が同居していたりすると、コロナに感染することで重症化してしまうことにも不安を感じてしまいます。

 

また、妊娠中にコロナにかかってしまうと、かかりつけの産院では産めませんし、お腹の子供のことも自分のことも考えなければいけないのでより一層心配になってしまいます。

そのため、実家が近い人は実家にしばらく帰ってみたり、稼ぎが多い家庭では安いアパートを借りてもらったりして対策をすることが大切でしょう。

 

まずは、旦那と「どうしても飲み会に行かないといけないのか」「飲み会に行くことやコロナへの不安」「感染した時のこと」「一旦離れて住むことへの提案」をしっかり話し合ってみてください。

もちろん、言い方や話し方も重要で「飲み会に行くなら別居する!」という言い方では喧嘩になってしまいますよね。

自分の意見を押しつけるのではなく「飲み会に行かないといけないのであれば、もしものことを考えて落ち着くまで実家に帰ってもいいかな?」と提案するような言い方で話してみましょう。

 

仕事の付き合いで不安になりながら飲み会に参加している男性もいます。

コロナで大変な時だからこそ、夫婦で話し合い助け合っていくことが大切でしょう。

 

スポンサーリンク

 

-旦那

Copyright© 恋人大学 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.